カントン包茎手術の体験談や知っておきたい知識を徹底紹介!

カントン包茎の人は、この症状をそのままにしておくべきではありません。
なるべく早いうちに治療を行っておくことが望ましいとされています。
包茎手術の実施を検討するのであれば、事前にこの施術に関する体験談や知っておくべき知識を確認しておくと良いです。
他のタイプの包茎とは選べる施術方法が違っていたり、術後の経過で異なる点があったりするので、カントン包茎ならではの特徴を理解しておくことが大切だと言えます。
実際に施術するときに困ったり戸惑ったりすることを防ぐためにも、事前に体験談などを知っておくと良いでしょう。

カントン包茎の場合は実施できる手術法が限定される

カントン包茎の人が包茎手術を受けるのであれば、亀頭直下法と呼ばれる施術方法で手術を行うことが多いです。
傷口が目立ちにくい施術方法として根部切除法の人気が高まっていますが、傷口を隠したいと思ってもカントン包茎の場合は根部切除法を実施することができません。
カントン包茎の場合は包皮口が狭いことが問題となっているので、根元の皮を切除するだけでは問題を解決することができないです。
病院によってはカントン包茎でもペニスの状態によって根部切除を取り入れた方法で施術を行ってもらえるケースがありますが、実際に体験した人の意見を知ればこの方法を選ぶ意味はあまりないことが分かるでしょう。
結局亀頭の下の皮も切除することになったり、無理な方法を選ぶことで術後に痛みを経験したりする可能性が高いので選択するべきではないと言えます。
カントン包茎の場合は手術法が限定されてしまうので、理想としている方法では実施できない可能性があることを理解しておくべきです。
気になる場合は利用したいクリニックで詳細を調べたり、カウンセリングの際に可能な手術法について詳しく質問してみたりすることがおすすめだと言えるでしょう。

施術後はペニスに違和感を覚える可能性が高い

包茎手術を行った後には、ペニスに違和感を覚える可能性が高いと言えます。
仮性包茎の人は包皮を剥きやすく、比較的亀頭が露出することが多いので外部からの刺激に慣れているケースが多いです。
一方で、カントン包茎の場合は基本的に亀頭が包皮に覆われているため、手術後に露出された部分に強い違和感を覚えるケースがほとんどだと言えます。
その状態で生活を続けることで刺激に慣れることができるので、いずれは問題なく生活できるようになるはずです。
しかしながら、初めのうちはカントン包茎だったときの感覚と大きな違いを感じ、ペニスが気になってしまう可能性が高いと言えます。
包茎手術に成功することができていても起こる問題なので、カントン包茎の人はこうしたトラブルを経験する可能性が高いことを覚悟しておくべきです。
実際に施術を体験した人には、数週間で慣れる人もいれば数か月経っても気になるという人もいることを理解しておきましょう。
不安になる必要はないですが、このような問題を抱えてしまうリスクがあることを知っておかなければ、術後に経験して戸惑う可能性が高いと言えます。
カントン包茎ならではの特徴の1つなので、気をつけておきましょう。

早めに治療しておくことで種々の問題を解決できる

カントン包茎の人が包茎手術を行うのであれば、このタイプの包茎ならではの様々な問題を解決することができます。
包皮口が狭いという問題を抱えているので、性行為や勃起の際に強い痛みを感じる人も少なくありません。
そのままにしておくと痛みが原因で勃起しづらくなってしまったり、性行為の際に勃起できないという問題が起こる可能性があります。
痛みに耐えながら無理に性行為を行うようなことがあれば、ピストン運動の際に捲れた皮が戻らなくなったり、包皮がドーナツ状に腫れて亀頭を絞めつけたりするリスクがあるでしょう。
カントン包茎手術を実施するのであれば、これらのトラブルを解決することができます。
亀頭を露出した状態に保つことができるので、包皮口の狭さが原因で起こる問題を回避できるようになるでしょう。
カントン包茎手術を体験した人の中には、それまで経験していた問題や悩みを解決することができ、治療を実施して良かったと感じている人が多いです。
受けられる施術方法が限定されていたり、術後に違和感を覚えたりするという注意点はありますが、カントン包茎の手術を受けることにはそれ以上のメリットがあることを知っておきましょう。

まとめ

包茎の中でもカントン包茎はトラブルを引き起こす可能性が高く、早急な治療を推奨されることが多いです。
治療を前向きに検討したいと考えるのであれば、実際に施術を行った人の体験談などからカントン包茎手術に関する知識を身につけることをおすすめします。
カントン包茎ならではの注意点や施術のメリットを知っておけば、スムーズに治療を進めていくことができるはずです。
仮性包茎よりも患者の割合が少ないとされているので、身近な人からこれに関する情報を得ることが難しい人は多いでしょう。
紹介した内容から正しい知識を持ち、カントン包茎手術に向けて準備を進められるようにしておくと良いです。

おすすめPRサイト
結婚する前にコンプレックスを無くそうと下半身の包茎手術をすることを決意しました。
5つのクリニックの包茎手術カウンセリングの体験談を徹底比較